超長期国債、運用には厳しい1年に-日銀支援少なく実質増発も(1)

更新日時
  • 日銀、超長期の利回りどんどん下げる考えない可能性-JPモルガン
  • 相場がいったん動き出すと超長期ゾーンは売り方向とみる-野村証

今年は超長期国債の運用環境が厳しい年になる。日本銀行による国債の積極的な買い支えは長期債までにとどまり、財務省の発行計画では超長期ゾーンだけが増発されるため、投資家需要が盛り上がらないと市場関係者はみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。