米S&P500種株価指数にとって、「王様ドル」は味方であると同時に敵にもなり得る。

  ゴールドマン・サックス・グループによれば、米ドルは主要通貨の中で唯一、国内株式相場の上昇と同時に値上がりしている。それだけに今年初めのドル相場の軟調に拍車が掛かれば、株式相場へのリスクが浮き彫りになる。

  イアン・ライト氏率いるゴールドマンのチームは「S&P500種と米ドルのローリング相関でみると、ドルは最近、主要通貨で唯一のリスクオン通貨だ」と指摘する。

Source: Goldman Sachs Group

  同チームによれば、この現象は全てトランプ次期米大統領によるものだ。トランプ氏は最近、ドルが「強過ぎる」と述べたが、実質金利上昇を後押しし、ドル相場を浮揚させてきたのは次期政権下での米景気拡大への熱い期待感であり、こうした高まる成長期待が株式相場も支えてきた。

  アナリストらは「米ドルと米株式相場の好調は、トランプ氏当選後の成長や財政政策への楽観論という同じリスク要因が主な源泉だと考えられる」とリポートで分析した。

金融データを見つめるトレーダー(17日、ロンドン)
金融データを見つめるトレーダー(17日、ロンドン)
Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

  外為市場は投資家が政策展開について意見を表すうってつけの場となっており、米株式相場はドルの動向を手掛かりにする可能性がある。米株式相場は過去2週間、足踏み状態にある一方、ドル相場は荒っぽい1年のスタートを切っており、株式相場が為替相場にすぐに追随するリスクは高まっている。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は大統領選挙後のピークから2.2%下落している。

  ソシエテ・ジェネラルのグローバル・ストラテジスト、キット・ジャックス氏は、米財政刺激策に関する詳細が不十分なため、ドル高基調を持続させるけん引役が「実に足りない」という。同氏は17日のリポートで「1回目の米利上げ直後でドル高だった1年前を想起させる。ドルはその後、世界的な市場の混乱で米利上げ観測が後退したことから、5月にかけて下落傾向をたどった」と指摘した。

原題:Trump Takes Aim at King Dollar and It Threatens U.S. Equities(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE