17日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。トランプ次期米大統領がドルは「強過ぎる」と発言したことを受けた。一方でポンドは上昇。メイ英首相が表明した欧州連合(EU)離脱をめぐる戦略に反応した。

  ドルは主要通貨の大半に対して値下がり。トランプ氏は米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、ドルは既に「強過ぎる」とし、中国が自国通貨を押し下げていることが一因だと述べた。ポンドはドルに対し、世界金融危機以降で最大の上げとなった。

  HSBCホールディングの資産配分グローバル責任者、フレドリク・ナーブランド氏は「現局面ではドルは他を導く光となっており、米国の具体的な政策内容がどうなるかに注目が集まっている」と指摘。「きょうのドル下落は、構造的な変化というよりノイズだろう。トランプ氏が計画通りに成長を生み出す政策を打ち出し、他国で同様の財政政策が見られないようであれば、資本がどこの流れていくかという問題になる」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比1.3%安。

  ポンドはドルに対し3%高の1ポンド=1.2414ドル。円は対ドルで1.4%上げて1ドル=112円62銭。

  現在のところ、英国のEU離脱とトランプ氏という昨年から続く2つの主要な市場テーマに終わりは見えない。市場は大統領就任式を20日控えた状況でのトランプ氏のコメントに当惑する一方、メイ英首相がEU離脱をめぐる最終案を議会の採決にかけると表明したことでポンドはドルに対する上昇の勢いを強めた。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチのストラテジスト、アサナシオス・バンバキディス氏は電子メールで、「メイ首相が離脱の最終案を両院の採決にかけるというのはポンドを支える要因だ」とコメントした。「議会の承認を得るためには良い合意でなければならない」と指摘した。

原題:Dollar Drops on Trump Comments as May Boosts Pound: Markets Wrap(抜粋)
原題:Pound Set for Best Day Since 2008 After May’s Brexit Statement(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE