ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた1月の独景況感指数は前月から上昇。昨年終盤の強いデータが同国経済への見通しを強気にした。

  ZEWが17日発表した1月のドイツ期待指数は16.6と前月の13.8から上昇。同指数は向こう6カ月の景気見通しを示す。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では中央値で18.4への上昇が見込まれていた。1月の独現状指数は77.3と、同じく63.5から上昇。ユーロ圏の期待指数は23.2で前月の18.1を上回った。

  ドイツ経済は昨年10-12月(第4四半期)に勢いを増した。今年秋に控えた総選挙や、欧州連合(EU)を離脱する英国との交渉を前に好環境が整いつつある。

  ZEWのアヒム・バンバッハ所長は発表文で、景況感の「若干の改善は主として欧州全体の景気改善に起因している。期待の改善は2017年についての信頼感上昇を示すものと受け取ることができる」とコメントした。

原題:German Investor Confidence Surges as Economic Momentum Picks Up(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE