英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は米レイノルズ・アメリカンの完全買収に向けた現金と株式交換による未保有株取得計画で、現金部分の拡大に合意した。総額494億ドル(約5兆6000億円)規模の取引が実現すれば、上場企業として世界最大のたばこ会社誕生となる。

  ロンドンに本社を置くBATが17日発表した資料によると、買収案はレイノルズを1株当たり59.64ドルと評価。新たな提案はレイノルズ株1株につき現金29.44ドルを支払い、BAT株0.526株を割り当てるというもの。従来案は現金24.13ドル、BAT株0.5502株だった。

  BATは昨年10月21日、未保有のレイノルズ株(58%)を取得するため現金と株式交換による買収案を一方的に提示。この時の提示額は1株当たり56.50ドルで、その前日のレイノルズ株終値に20%上乗せした水準だった。

原題:BAT Agrees to Pay $49.4 Billion to Buy Out Reynolds American(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE