トランプ時代に英国の離脱交渉、波乱万丈で為替相場は大変動の1年か

  • 投資家のヘッジコストは上昇する可能性
  • オランダやフランス、ドイツなどユーロ参加国の選挙もリスク要因

トランプ次期米大統領がボラティリティ(変動性)を再び高めつつある。当選後初の記者会見への市場の反応から判断すると、今年の為替相場は大きく揺れ動きそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。