中国の深圳証券取引所は16日、新興企業向けの市場「創業板(チャイネクスト)」の規定を変更する計画を検討すると発表した。同市場の指標、創業板指数は同日、大きく下落した。

  深圳証取はウェブサイトに掲載した資料で企業のイノベーションや起業家精神へのより良い対応が狙いだと説明。詳細には言及していない。同証取は上場投資信託(ETF)オプションの試験運用を進めることなどが今年の主な課題だとしている。2009年に始まった創業板には580社が上場している。

原題:China’s Shenzhen Exchange to Review Startup Venue Amid Slump (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE