サウジアラビアは、石油輸出国機構(OPEC)が年央までに原油減産を終了する方向にあるとの見通しを示している。しかし、そうなれば世界の原油供給過剰は解消されない可能性がある。

  サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は16日、アブダビで、減産合意により世界の原油市場の供給過剰は解消されると予想されるため、OPECとロシアは6月末より先に減産を延長する必要はないとの見方を示した。しかし、減産を年央までに終了し生産が回復すれば、再び供給過剰になり、原油の過剰在庫を減らすというOPECの目的が達成されない可能性がある。

  国際エネルギー機関(IEA)のデータに基づいたブルームバーグの算定によれば、期限として予定されている6月末から半年間減産を延長すれば、供給過剰は年末までに完全に解消される見通しだ。一方、減産を延長せず、生産が従来の水準に回復すれば、供給過剰の約3分の2がとどまると予想される。

  オイゲン・ワインベルク氏(フランクフルト在勤)率いるコメルツ銀行のアナリストらは「減産がこれほど短期間なら、原油市場を均衡させるのにとても十分とは言えない。その場合、原油価格上昇を見込む市場参加者が撤退する恐れがあり、価格に下押し圧力がかかるだろう」と指摘した。
  
原題:Saudi Plans for Early End to OPEC Pact Risk Leaving Job Undone(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE