ソフトバンク孫氏の資産評価額、日本首位の柳井氏に迫る-チャート

  日本で首位の富豪、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長の資産評価額は、同社の売上高が伸び悩み株価が下落したことを受け、昨年12月下旬以降、17億ドル(約1900億円)減少している。一方、ソフトバンクグループの孫正義社長の資産評価額は、同月初旬のトランプ次期米大統領との会談後に25億ドル増加し、柳井氏との差を縮めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。