ベトナムのフック首相は年内にも銀行への外国人出資比率の上限を引き上げることを明らかにした。海外からの投資をさらに呼び込んで経済成長を押し上げるほか、国内銀行システムの改革を加速するのが狙い。

  同首相は13日、ハノイの政府庁舎でブルームバーグテレビジョンのハスリンダ・アミンとのインタビューに応じ、「われわれは上限引き上げに加え」、海外投資家の「証券市場へのアクセスも拡大する」と発言。「年内実現に努めるつもりだ」と語った。

  銀行への外国人出資比率は現在30%。ベトナムは国有企業への不良債権急増に苦しむ国内金融システムの強化に向け、さらなる投資を求めている。

  フック首相は年内にも導入される外国人出資比率の新たな上限を具体的に示さなかったが、苦境に陥っている銀行の持ち株全てを政府が手放す可能性を示唆した。

原題:Vietnam’s Prime Minister to Raise Foreign-Investor Caps on Banks(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE