NY原油(16日):反発、サウジの市場均衡化見通しで

16日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反発。サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相の発言を受けて買いが入った。同エネルギー相は石油市場が再均衡されるとの見方から、減産合意を延長する必要は恐らくないだろうと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。