ドイツの自動車メーカーBMWは16日、同社の米工場は世界最大であり、小規模なメキシコの新工場は米州だけではなく世界市場を視野に入れたものだと説明。メキシコで生産し米国に輸出される車に35%の関税を課すとしたトランプ次期米大統領の発言に反論した。

  BMWはメキシコ中部に工場を建設中で2019年にセダン「3シリーズ」の製造を開始する予定。トランプ氏が15日に独紙ビルトとのインタビューで述べた内容に対しBMWは16日に電子メールで、メキシコでの「生産は世界市場向けだ」とコメント。また、同社は米国に「深く根を下ろしている」とし、サウスカロライナ州の工場は同社にとって世界最大だと指摘した。

原題:BMW Pushes Back After Trump Threatens Tariffs on Its Mexico Cars(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE