中央アジアのキルギスの首都ビシケクの空港近くで現地時間16日、貨物機が墜落した。中国の海航集団傘下でトルコのイスタンブールに本社を置く航空会社ACTエアラインズは、自社の機体だと発表した。

  ACTが電子メールで発表した資料によれば、墜落したのは香港発ビシケク行きの「ボーイング747-400」型機。乗員4人の安否は今のところ不明だとしている。ロシア通信(RIA)は、この墜落で少なくとも37人が死亡したと伝えた。
原題:Plane That Crashed in Kyrgyzstan Belonged to China’s HNA Group(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE