ロンドンの住宅売却希望価格、1月は前月比1.4%上昇-ライトムーブ

  • EU離脱めぐる懸念や増税で売り出し物件減少
  • 英国全体の住宅売却希望価格は前月比0.4%上昇

英ロンドンの不動産市場では住宅所有者が物件の売却を著しく渋っていることが、住宅不動産ウェブサイトを運営するライトムーブの調査で分かった。欧州連合(EU)離脱プロセスがもたらす不確実性と増税が売りの妨げとなっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。