中国株下落、深圳総合が一時10カ月ぶりの大幅安-流動性懸念で

更新日時
  • 深圳総合指数は午後に急落し一時6.1%安、終値は3.6%安
  • 上海総合指数は5営業日続落-香港ハンセン指数も下げた

16日の中国株式相場は下落。深圳総合指数が取引時間中に10カ月ぶりの大きな下げとなり、中国金融資産の脆弱(ぜいじゃく)性増大を裏付けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。