ドイツの金融センターであるフランクフルトでは、英国が欧州連合(EU)離脱を決定した影響で住宅価格が上昇している。ドイツ銀行がまとめた調査で、ロンドンを脱出する金融専門家を当てにした不動産購入の傾向が明らかになった。

  ドイツ銀が13日公表した報告は、昨年6月の「国民投票で英国がEU離脱を選択したことを手掛かりに2016年に住宅価格が急騰した」とし、「恐らく裕福なロンドンのバンカーがフランクフルトに引っ越しするとの観測によるものだ。とりわけ家族向け不動産の価格が大きく値上がりした」と指摘した。

  独金融市場の中枢であるフランクフルトが英EU離脱から恩恵を受けるともてはやされている。金融機関が欧州市場へのアクセス確保に向け、ロンドンからの移転を検討しているためだ。欧州中央銀行(ECB)本部を抱えるフランクフルトは、欧州銀行監督機構(EBA)が本部をロンドンから移転することを期待している。

  フランクフルトの家族向け物件価格は2016年に前年比で11.75%上昇。ドイツのその他主要都市の伸び率は6%だった。

  ドイツ銀は報告で「フランクフルトへの大量の移動を受け、家賃と住宅価格は向こう数年にわたり大きく上昇し続ける」との見通しを示した。

原題:Deutsche Bank Says Brexit Driving Up Frankfurt House Prices(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE