安倍晋三首相とオーストラリアのターンブル首相は14日、南シナ海や北朝鮮を含むアジアの安全保障問題で連携を強化することで一致した。日豪の戦略では米国が引き続き要であることも確認した。

  安倍首相はシドニーでの日豪首脳会談後に記者団に対し、トランプ次期米政権と強固に連携する意思を確認したと述べた。両首脳は防衛協力をさらに深めることでも一致した。

  ターンブル首相は南シナ海問題について、「全ての当事者に自制を促す。南シナ海の拠点の軍事化を含む緊張の高まりを招く行為を避けるよう求める」と述べた。

  トランプ氏が就任初日に離脱を表明するとしている環太平洋連携協定(TPP)について、安倍首相は日豪両国が早期発効に向けて連携していくことで合意したと述べた。

原題:Japan, Australia Pledge to Work With Trump on Regional Security(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE