米ロッキード、F35戦闘機のコスト削減へ-トランプ氏に伝える

  • F35を製造するテキサス州の工場で雇用拡大へ
  • ヒューソンCEOがトランプタワーで次期大統領と会談

ロッキード・マーチンのマリリン・ヒューソン最高経営責任者(CEO)は13日のトランプ次期米大統領との会談で、最新鋭の戦闘機F35の製造コストを「大幅に」引き下げることで米国防総省と合意に近づいていると説明し、F35を製造するテキサス州の工場で雇用を増やす方針を伝えた。ニューヨークのトランプタワーでトランプ氏と会談した後に記者団に明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。