米ロッキード・マーチンのマリリン・ヒューソン最高経営責任者(CEO)は13日のトランプ次期米大統領との会談で、最新鋭の戦闘機F35の製造コストを「大幅に」引き下げることで米国防総省と合意に近づいていると説明し、F35を製造するテキサス州の工場で雇用を増やす方針を伝えた。ニューヨークのトランプタワーでトランプ氏と会談した後に記者団に明らかにした。

  F35は米軍の兵器では最もコストがかかり、トランプ氏はロッキードとF35をツイッターで批判の標的にしてきた。昨年12月には「F35のプログラムとコストは制御不能となっている」と指摘。大統領に就任する「1月20日以降には軍備(やその他の)購入費用の数十億ドル節減が可能となり、そのようになる」とツイートしていた。

原題:Lockheed Tells Trump It Will Cut F-35 Costs, Create New Jobs (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE