ムーディーズは、信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)を裏付けとする証券の格付けをめぐり、約8億6400万ドル(約990億円)を支払うことで米司法省および21の州と和解合意した。司法省が13日に発表した。

  2008年の金融危機の渦中にあった住宅ローン担保証券の格付けをムーディーズが不当に高く設定していた疑いについて、当局は調査していた。ムーディーズが危機前の4年間で得た利益は約25億ドルで、同社に科された制裁金はその約3分の1に相当する。スタンダード・アンド・プアーズも昨年、同様の問題で15億ドルを支払うことで米当局と和解している。

  ムーディーズは、一部の証券の格付けで自社の基準が守られていなかったことを認めたものの、今回の和解に違法行為の認定は含まれておらず、同社の賠償責任を認めるものでもないとした。和解に伴い、2016年10-12月(第4四半期)に税引き後で約7億200万ドル(1株当たり3.62ドル)の費用を計上すると説明した。

原題:Moody’s Reaches $864 Million Subprime Ratings Settlement (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE