ムーディーズ、990億円支払いで和解-サブプライム証券格付けめぐり

  • 米司法省・21州と和解合意-7億ドルの費用計上へ
  • 不当に高い格付けを付与した疑惑に関する調査が決着

ムーディーズは、信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)を裏付けとする証券の格付けをめぐり、約8億6400万ドル(約990億円)を支払うことで米司法省および21の州と和解合意した。司法省が13日に発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。