NY原油(13日):反落、週間では11月以来の大幅安-減産実効に注目

13日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。週間では昨年11月以来の大幅安となった。市場では石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国が合意した減産を実際に実効しているかどうかに注目が集まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。