13日の欧州株式相場は上昇。指標のストックス欧州600指数は週間ベースで3週間の続伸。米銀の好決算を受け銀行株が買われたほか、売り込まれていた自動車や製薬株が反発した。

  指標のストックス欧州600指数は前日比1%高の365.94で終了。米銀JPモルガン・チェースの10-12月利益が市場予想を上回り、決算シーズンへの期待が高まったことを背景に、銀行株指数は2%上昇した。

  自動車株は反発。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が排ガス規制に違反していた疑いがあると米当局が発表した前日、自動車株は昨年7月以来の大幅安を記録した。前日16%安と急落したFCAは4.6%高で引けた。

  製薬株はトランプ次期政権で薬価引き下げ圧力がかかるとの懸念から下落していたが、3日ぶりに上昇した。

  英FTSE100指数は過去最長の14連騰を達成。終値での過去最高更新も12営業日連続で、これも過去最長となった。

原題:Gains in Banks, Drugmakers Lift Europe Stocks by Most in a Month(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE