昨年12月の米生産者物価指数は前月比で上昇。ここ4カ月で3回目のプラスとなった。燃料コストの値上がりが反映された。

  米労働省が13日発表した生産者物価指数(PPI)は前月比0.3%上昇。伸びはブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値と一致した。前月は0.4%上昇だった。

  12月は前年比では1.6%上昇と、2014年9月以降で最大の伸びとなった。

  エネルギーは前月比2.6%上昇。ガソリンが7.8%と大きく上げた。食品は0.7%上昇と、昨年1月以来最大の伸び。

  食品とエネルギーを除くPPIコア指数は前月比0.2%上昇。前月は0.4%上昇だった。前年比では1.6%上昇。

  サービスは前月比0.1%上昇と、前月の0.5%上昇から伸びが鈍化した。

  食品とエネルギー、商業サービスを除いたベースのPPIは前月比0.1%上昇した。前月は0.2%上昇だった。前年比では1.7%上昇(前月1.8%上昇)。

  統計の詳細は表をご覧ください。
  
原題:Wholesale Prices in U.S. Rise for Third Time in Four Months(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE