米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)の昨年10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比43%増益となった。債券トレーディング収入が増えたほか、費用が減少した。

  13日の発表によると、純利益は47億ドル(約5390億円、1株当たり40セント)と、前年同期の32億8000万ドル(同27セント)から増えた。ブルームバーグがまとめたアナリスト29人の予想平均では調整後1株利益38セントが見込まれていた。

  債券トレーディング収入は12%増の19億6000万ドル。アナリスト予想は21億ドルだった。株式トレーディング収入は11%増の9億4800万ドルで、アナリスト予想にほぼ一致した。総収入は2.1%増の200億ドル。アナリスト予想の208億ドルには届かなかった。費用は6%減と予想以上に縮小し132億ドル。報酬費用が2.6%減った。

原題:Bank of America Profit Rises 43% on Trading Gains, Cost Cuts (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE