ユーロ圏インフレへの懸念は行き過ぎ-ECBのビルロワドガロー氏

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、ビルロワドガロー・フランス銀行(中央銀行)総裁は、ユーロ圏のインフレ率上昇についての懸念は現時点では行き過ぎたものだと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。