フィリピン訪問中の安倍晋三首相は13日午前、ドゥテルテ大統領の地元ダバオ市を訪れ、同大統領の私邸での朝食会に参加した。外国の現職首脳がこの私邸を訪れたのは初めて。

  安倍首相は前日、マニラでもドゥテルテ大統領と会談。フィリピンでの事業をめぐり日中が競い合う中で、安倍首相は同大統領との個人的関係を温めることで、対フィリピン関係の強化を図っている。

  アジア地域での中国の強引な行動が一段と目立つようになる一方で、安全保障面でのフィリピンと米国の関係はドゥテルテ政権で悪化。安倍首相はドゥテルテ大統領に日米との協調を続けるよう促したい考えだ。

  マニラで12日行われた首脳会談後、安倍首相は南シナ海の領有権をめぐる対立と地域の平和の間には関係があると述べ、領有権が争われている海域の非軍事化の重要性をドゥテルテ大統領と共に確認したと説明した。

原題:Abe’s Soft Power Play Wins Him Breakfast in Duterte’s Home (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE