米シタデル・セキュリティーズは米国債市場でのマーケットメークで今年の優先的に取り組む課題として、周辺銘柄取引での存在感を高めることを目指している。

  同社の債券・為替・商品担当グローバル責任者ポール・ハミル氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「2017年最大の業務拡大はオフ・ザ・ランの米国債になるだろう」と述べ、「銀行がしっかりと独占している分野であり、われわれには非常に有意義な一歩だ」と説明した。

  シタデル・セキュリティーズは、ケネス・グリフィン氏率いるシカゴのヘッジファンド運用会社シタデルのブローカーディーラー部門。長く大手銀行が独占してきた米国債市場は、シタデルのような最も洗練されたトレーディング会社の一角を受け入れつつある。

原題:Citadel Targets Off-the-Run Treasuries for Next Push (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE