中国:輸出の低調続く-トランプ次期米政権との摩擦懸念も

更新日時
  • 12月のドル建て輸出は前年同月比6.1%減
  • 保護主義台頭などで今年の見通しはあまり明るくないようだ-温彬氏

中国の輸出は昨年12月も振るわなかった。外需が鈍く、輸出の重しとなった。トランプ次期政権下の米国とは貿易摩擦が起きる可能性もあり、中国の輸出をめぐり不透明感が強まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。