低賃金の男性就労者の労働時間減少が英国での不平等につながっているとの見方を、英財政研究所(IFS)が示した。

  IFSが13日発表したリポートによると、2014年にパートタイムで勤務していた人の割合は約20%と、1994年の5%から拡大。高所得者層では、勤務時間が週30時間未満の男性労働者の割合は5%未満にとどまっている。

  リポートによれば、最も所得水準の高い人々の収入は、それ以外の労働者から引き出され、所得水準上位1%が家計純所得の8%を占めている。この割合は20年前は6%だった。

  欧州連合(EU)離脱を問う国民投票では、多くの人々が取り残されていると感じ英国が分断されていることが露呈した。これを受け、英国では不平等が政治論争の焦点となっている。IFSは今週の別のリポートで、住宅価格の活況が数十年続く中での遺産相続で格差は拡大していると指摘した。

原題:U.K.’s Low-Paid Men See Hours Fall as Wage Inequality Widens(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE