バイデン米副大統領は12日、トランプ次期大統領にとって不名誉になりかねない個人情報などをロシアが収集していたとの裏付けのない通知を米情報当局が受け取った問題で、米当局の対応を擁護するとともに、トランプ氏による公の場での情報当局批判は米国の安全保障を損ね、ロシアを利することになっていると述べた。

  政権交代に伴う退任を間近に控えた同副大統領はホワイトハウスで1時間に及ぶインタビューに応じ、「私の見方では、大統領が国防という極めて重要な部門を引き受ける立場にある世界で、それを侮辱するというのは実際に大きな打撃を与えるものだ。特にロシアが関与する問題であり、米国民はロシア側が何をしているの分からず、そうした人たちと付き合いたいとは思わないだろう」と語った。

  同日午後にはオバマ大統領がバイデン副大統領に「大統領自由勲章」を授与した。突然の勲章授与に感激したバイデン氏が感激して涙を流す場面も見られた。

原題:Biden Says Trump Spy Agency Remarks Hurt U.S., Help Russia (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE