東証マザーズに上場していた半導体製造装置メーカーの粉飾決算で損失を受けたとして株主が起こした訴訟で、みずほ証券が新規株式公開(IPO)主幹事としての賠償責任を認めた東京地裁判決を不服とし控訴したことが分かった。

  みずほ証はブルームバーグ・ニュースの取材に対し、先週までに控訴したことを電子メールで明らかにした。同証は「当社の主張については今後、裁判で明らかにしていく」とし、詳細への言及を避けた。

  半導体企業「エフオーアイ」(破産)の個人株主ら208人は旧経営陣と同社の新規上場の引受証券会社だったみずほ証などに損害賠償を求めて東京地裁に提訴。同地裁は12月20日の判決で元役員らに約1億7500万円の賠償責任を認め、みずほ証には株の売り出し発行市場での損害について約3110万円の支払いを命じていた。

  エフオーアイは2009年11月に東証マザーズに上場、証券取引等監視員会の強制調査で粉飾が発覚した。売上高の97%が架空で、同社株は10年6月に上場廃止された。同社役員らは実刑判決を受けた。

  エフオーアイ被害株主弁護団はブルームバーグの電話取材に、株主側も控訴したことを明らかにした上で、高裁ではエフオーアイ株の流通市場(セカンダリーマーケット)での損害についても主幹事責任を追及していくと述べた。

英語記事:Mizuho Appeals Tokyo Court Ruling Ordering Damages for IPO Role

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE