半導体めぐる懸念が米国株の重し-アップル予想引き下げる金融機関も

  • 決算シーズン控え、テクノロジー業界に対する地合いが悪化
  • CLSAとRBCがアップル業績予想を下方修正

12日の米株式市場でテクノロジー株が大きく売られたことで、S&P500種株価指数は取引時間中に一時0.9%安と、今年最大の下げとなった。アップルや半導体メーカーなどテクノロジー関連銘柄が下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。