メイ英首相は17日の演説で同国の欧州連合(EU)離脱に関する自身のビジョンと「真に国際的な英国」の創造への期待を表明する。首相報道官が明らかにした。

  今回の演説は、3月末までにリスボン条約50条を発動してEU離脱の正式手続きに踏み切る準備を進める首相に対し、目標の詳細提示を求める企業や政治家からの要望に応えるもの。

  ヘレン・バウワー報道官は12日にロンドンで記者団に対し、「首相は17日に演説し、EU離脱の交渉アプローチに関して詳述する。交渉を準備し、引き続き外に目を向ける国であるための一環だ」と説明した。それ以上の詳細には言及しなかった。

  今回の首相演説は市場の注目を集める公算が大きく、為替トレーダーはメイ首相によるEU離脱通告をポンド売りの契機として一層注目している。ポンドは昨年10月の保守党大会での首相発言後に急落。今月8日に首相が欧州単一市場へのアクセスを断念する方針を示したのを受けてポンドは翌日9日にも大幅安となっていた。

Volatility jumps as U.K.’s May announces Brexit speech
Volatility jumps as U.K.’s May announces Brexit speech

原題:U.K.’s May to Detail Brexit Vision in Speech on Tuesday (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE