12日のニューヨーク外国為替市場ではドルが続落。大統領選後の動きは行き過ぎだったとの見方からドル売りが続いた。アジア市場の取引時間帯に大きく下げた後、ドル買い持ち解消の動きは弱まった。ただ、新規のドル買いが入る状況でもまだないようだ。

  ここ数日は騒がしい取引となっているが、ドル強気の基本的なマインドは変わっていない、あるいは少なくとも今のところ大きくは変わっていないとトレーダーやアナリストは繰り返しており、そのトーンにほとんど変化がないことは注目に値する。同時に、押し目でドル買いを入れる適切な時期でもないとみられている。1月はその動きが1年を決定づけるわけではないが、信頼感が揺らぎかねない値動きの荒い月として知られている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは円に対して前日比0.6%下落して1ドル=114円72銭。ユーロに対しては0.3%安の1ユーロ=1.0613ドル。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%低下した。

  季節的なトレンドはドル強気の見方に一理あることを示唆している。以下のチャートは年初にドルが軟調になる傾向があることを示している。

  トレーダーによると、景気刺激策が講じられれば金融引き締めのペースが速まるとの見方から、利上げの時期はなお不透明ながらドルの全般的な見通しは変わっていない。ただ、ドル強気派は実際にはまだドル買いをほとんど始めていないという。

  モルガン・スタンレーのハンス・レデカー氏率いるストラテジストはドルの対円での下落について、リフレ取引が行き詰まったことを意味しないとリポートで指摘。「印象とは裏腹に、リフレ取引は順調」で、ドルの対円での下げは辛抱できない投資家による「ポジション調整の範囲にすぎない」と論じた。TDのストラテジストは対ドルでのユーロについて、この日売り持ちが手じまわざるを得なかったが、再び売り立てる水準を探っていると説明した。

  ドルは対円でアジア時間に113円76銭まで下落した。ロンドンのトレーダーによると、マクロ系の投資家がドル買い持ちを積み増そうとしているため、113円ちょうどに下げる前に買いが入るとみられている。

原題:Dollar Drop Doesn’t Deter Patient Bulls; Seasonals Support Case(抜粋)
U.S. Stocks Pare Drop, Dollar Weakens as Oil Gains: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE