NY金:続伸、一時1200ドル超え-トランプ氏の政策見えずドルが下落

12日のニューヨーク金先物相場は続伸し、7週間ぶり高値。金連動型ファンドに投資資金が戻ってきた。前日に開かれたトランプ次期米大統領の記者会見で経済刺激策に関する詳細がほとんど示されなかったことに失望し、ドルが下落したことも背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。