欧州株:2週ぶり安値、製薬株が安い-FCAなど自動車株も下げる

12日の欧州株式相場は下落。指標のストックス欧州600指数は昨年末以来の安値で引けた。自動車株が7月以来の大幅安となったほか、トランプ次期米大統領の下で薬価引き下げ圧力が高まるとの懸念から、製薬株が売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。