イタリア最大の銀行、ウニクレディトの株主は12日、130億ユーロ(約1兆5800億円)規模の増資計画を承認した。ジャンピエール・ムスティエ最高経営責任者(CEO)の下での立て直しの原資となる。

  株主はまた、10株を1株に転換する株式統合についても承認した。同行株は昨年、45%余り値下がりした。

  国内同業のモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナは先月、50億ユーロ相当の資本増強に失敗し政府救済に追い込まれ、イタリアの銀行の不良債権問題解決に疑問符が付いた。ウニクレディトは調達した資金のうち81億ユーロをローン債権売却に伴う損失の穴埋めに充てる。

  モンテ・パスキと異なり直ちに存続が脅かされているわけではないものの、ウニクレディトの資本バッファーは最新のユーロ圏銀行ストレステストで、域内で最も薄かった。同行は12日先に、増資が計画通りに進まなければ偶発転換社債(CoCo債)のクーポン支払いができなくなる可能性があるとコメントしていた。

原題:UniCredit Shareholders Back $14 Billion Cash Call in Revamp Bid(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE