ウニクレディト、130億ユーロ増資を株主が承認

  • 調達資金の大半は不良債権処理に伴う損失の穴埋めに
  • 10株を1株とする株式統合も承認

イタリア最大の銀行、ウニクレディトの株主は12日、130億ユーロ(約1兆5800億円)規模の増資計画を承認した。ジャンピエール・ムスティエ最高経営責任者(CEO)の下での立て直しの原資となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。