モーレツ返上なるか、電通社員の死が変えるサラリーマンの働き方

更新日時
  • 週休3日に向けた検討や残業ゼロを目指す企業も
  • 政府の生産性向上への取り組みが加速へ
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

企業の過重労働への批判が強まる中、総合電機メーカーの三菱電機が従業員に違法な時間外労働をさせたことが発覚した。電通の女性新入社員の自殺をきっかけに長時間労働が美徳とされてきた日本企業の価値観が変わりつつある中でまたも同様の事例が発生したことで、政府や企業では生産性向上を目指して時短への取り組みが加速しそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。