カルティエなどの高級ブランドを展開するスイスのフィナンシエール・リシュモンは、2016年のクリスマスシーズンの売り上げがアナリスト予想を上回った。米国と中国で高級品需要が回復した。

  12日の発表によると、10-12月の売上高は為替変動の影響を除き前年同期比5%増。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想中央値では変わらずと見込まれていた。

  4-9月の売上高は12%減と落ち込んでいた。4-9月の売上高の3分の1前後を占めたアジア太平洋地域は10-12月に10%増となり、2年ぶりの増収となった。

原題:Richemont Christmas Sales Beat Estimates as China, U.S. Rebound(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE