中国の2017年の自動車販売台数は業界全体で前年比5%増に伸びが鈍化するとの見通しを、中国自動車工業協会(CAAM)が示した。16年は同13.7%増だった。小型車減税の規模縮小や景気減速が影響するとの見方だ。

  CAAMは12日の記者会見で、乗用車と商用車を合わせた販売台数が今年2940万台になるとの予想を明らかにした。排気量1600cc以下の小型車の自動車取得税の税率は今月から7.5%に引き上げられた。昨年末までは5%だった。

  CAAMによると、16年の小型車販売は減税効果で21%伸び、09年以来の大幅増となった。昨年の新エネルギー車販売は53%増の50万7000台。

原題:China Vehicle Sales Growth Seen Slowing to 5% on Taxes, GDP (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE