債券反落、米金利低下一服や日本株高で売り-超長期ゾーンには買いも

更新日時
  • 先物は6銭安の150円27銭で終了、長期金利一時0.055%に上昇
  • 20日に米大統領就任式を控えて来週も積極的に動きづらい-岡三証

債券相場は反落。前日の米国市場ではトランプ次期米大統領の経済政策に対する不透明感から債券高・株安の展開となったものの、その後米金利低下が一服し、日本株式相場が反発したことが売り材料となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。