ヘッドハンターが狙うのはバーガー焼ける人-ウォール街とは無縁

更新日時
  • 労働市場逼迫の米国で熾烈な人材獲得合戦が外食産業で進行中
  • 時給アップや有休に加え、社員は人材紹介でボーナス獲得も

リサ・アラゴンさんが断っても断っても、ヘッドハンターは引き下がらなかった。高めの給料や4週間分の有給休暇を含む好条件での転職の誘いを1カ月に5回も拒否した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。