安倍首相、アジアの若年・高成長国との関係強化目指す-4カ国歴訪で

  • 日本は東南アジアとの貿易で中国に後れを取っている
  • 安倍首相はフィリピン、インドネシア、ベトナム、豪州を訪問

安倍晋三首相は12日から6日間の予定で、アジア太平洋地域の4カ国を歴訪する。 国内成長が鈍化する中、域内の中でも人口構成が若く高成長の国との関係強化を目指す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。