仮想通貨ビットコインがニューヨーク時間11日の取引で大きく値下がりした。中国当局がビットコインの監視を強めるとの懸念が広がった。

  ブルームバーグの集計データによれば、ビットコインは一時761.86ドルと、前日比で16%余り下げた。5日には1161.89ドルと、過去最高値を更新していた。

  中国人民銀行(中央銀行)が11日発表した声明によれば、人民銀の上海支部と上海市金融当局はオンラインのビットコイン取引所を運営するBTCCへの立ち入り検査を実施した。市場操作もしくはマネーロンダリング(資金洗浄)、顧客資金の安全性をめぐる問題がないかを確かめるための調べだという。

  BTCCはウェブサイトに掲載した資料で、週内に当局とあらためて会合を持つと説明。「BTCCの全業務は通常通りで、引き続き確実な法令順守のため当局への積極的な協力を続ける」とし、顧客に対して関連ニュースに関し冷静かつ慎重に行動するよう呼び掛けた。

  今回の検査を受け、中国が国内のビットコイン取引所に対する監督と管理を強化する可能性があるとの懸念が強まった。当局の資本流出規制強化を回避したい投資家らがビットコイン買いを進めたため、政府や中銀の管理下にないビットコインが過去数週間に大きく値上がりしていた。

原題:Bitcoin Price Slides as Chinese Officials Inspect Local Exchange(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE