サウジ、2月の中国と南アジア向け原油供給を削減へ-関係者

  • 東南アジア2社は30%の削減通知受ける、アジア全体では5-10%減
  • 日本、台湾、韓国は2月に全量供給される見通し

サウジアラビアは、石油輸出国機構(OPEC)と他の産油国との協調減産合意の一環として原油供給を抑制する中、2月に中国と南アジア諸国向け原油供給を削減する一方、日本や韓国などへの供給についてはほぼ維持する見通しであることが、関係者の話で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。