ドナルド・トランプ氏が米大統領選に当選後初めて行った記者会見は、混乱と虚勢が入り交じるものだった。まさに、政界入り後の同氏そのものだった。

  会見場となったトランプタワーのロビーに集まった記者らは次期大統領に対し、ロシアが同氏に不利な情報を収集していたなどとの報道について質問を浴びせようと待ち構えていた。

トランプ会見で質問のため手を上げる記者団
トランプ会見で質問のため手を上げる記者団
Photographer: John Taggart/Bloomberg

  だが、その場を牛耳ったのはトランプ氏で、「偽りのニュース」を吹聴しているとして記者団を猛烈に非難、裏付けのない情報が流れたとして怒りの矛先を情報機関にも向けた。「ここまで偽りの情報が流出するのを情報機関が許したのは、極めて不名誉なことだ。ナチス・ドイツがやったことと一緒だ」と述べた。

  投資家は相場に影響を与えるトランプ氏の発言に耳を傾けた。米国株は1時間半の会見が終わると間もなく、日中安値を付けた。トランプ氏が計画する1兆ドル(約 115兆円)のインフラ投資や銀行規制緩和、貿易に関して詳細を明らかにしないことに投資家が気付いたからだ。

  だが、金融株が午後に入って反発すると、市場センチメントは変化。S&P500種株価指数は会見前とほぼ同水準に戻り、終値ベースでの最高値まであと2ポイント前後で取引を終えた。

  米10年国債利回りとブルームバーグ・ドル・スポット指数も乱高下。どちらも会見が始まった現地時間午前11時22分(日本時間12日午前1時22分)ころにピークを付けた後、トランプ氏がロッキード・マーチンの「F35」戦闘機に言及し、医薬品業界は「好き放題だ」と攻撃すると、低下した。ナスダック・バイオテクノロジー指数は日中高値から4%下落した。

  この日も特に犠牲となったのはメキシコ通貨ペソ。最安値を更新し、1ドル=22ペソ台を初めて記録した。トランプ氏はメキシコとの国境に壁をつくるとし、その費用はメキシコが持つとあらためて述べた。

原題:Trump’s News Conference Bravado Foreshadows Tone for His Term(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE