モノやサービスを含む海外との総合的な取引を示す経常収支は、昨年11月速報で29カ月連続の黒字となった。貿易収支の黒字が全体を押し上げた。市場予想はやや下回った。

キーポイント

  • 経常収支は前年同月比28.0%増の1兆4155億円の黒字(ブルーバーグ調査の予想中央値は1兆4600億円)-前月は1兆7199億円
  • 海外配当金や債券利子などの第一次所得収支は21.6%減の1兆2032億円 
  • 輸出は0.8%減の5兆8904億円、輸入は10.7%減の5兆5770億円
  • 輸出と輸入を差し引いた貿易収支は3134億円の黒字に転換(前年同月は3041億円の赤字)-黒字は10カ月連続

背景

  中国など新興国向けの輸出が回復基調にあることなどから貿易収支が黒字を維持し、経常収支の黒字を支えた。11月は前年同月比で円高水準だったことや、原油価格が円ベースで下落したことから輸入額が落ち込んだことも要因の1つ。

  第一次所得収支の黒字幅は縮小したものの1兆円を超える水準を維持。財務省は11月に大幅に減少した理由について大口案件の配当がはく落する特殊要因があったと説明した。市場関係者の間では昨年11月の米大統領選後に進んだ円安を背景に同収支が再び増加に転じ、経常黒字は高め安定で推移するとの見方が強まっている。

エコノミストの見方

  • 農林中金総合研究所の南武志主席研究員は統計発表後、11月は円高圧力が強かったが、「12月くらいに流れが変わってきているので、円安効果で第一次所得収支で受取額が広がってくる可能性はある」と指摘。経常収支全体でも少し膨らむ可能性があるとの見方を示した。
  • SMBC日興証券の宮前耕也シニアエコノミストは5日付のリポートで、経常収支が前月比で縮小する可能性を示唆した上で、「例年11月は国慶節終了で中国からの訪日客が減少、すなわち旅行受け取りが減少しやすい季節性が存在する」との見方を示していた。
  • 第一生命経済研究所の新家義貴主席エコノミストは6日付のリポートで、「第一次所得収支が高水準での推移を続けていることに加え、輸出の回復を背景に貿易収支も改善基調にある」とし、経常収支は当面、高水準で推移する可能性が高いと予想していた。
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE