11日の米株式市場で薬品株やバイオテクノロジー株が急落した。トランプ次期米大統領が医薬品業界に対し、政府関連ビジネスでは入札を強制する考えを示したのが嫌気された。

  トランプ氏はニューヨークで開いた記者会見で、「医薬品業界は多くのロビイストを抱え、大きな力を持つ。入札は実に少ない。われわれは世界最大の医薬品購入者だが、適切に値を付けていない。多額の節約を行うつもりだ」と述べた。

  医薬品業界はツイッターを介して企業と交渉してきたトランプ氏から最新の標的とされた。ナスダック・バイオテクノロジー株指数は3%下落し、S&P500種医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス株指数は1.7%安と、いずれも昨年10月以来の下落率を記録した。

  トランプ氏の大統領就任は医薬品業界にプラスとの見方から、医薬品株とバイオテクノロジー株は選挙後に上昇していたが、ここにきて同氏は民主党が大統領選で取り上げた医薬品価格を米国民の家計に打撃を与える問題として取り組む可能性を示した。

原題:Drug Stocks Plunge as Trump Threatens to Force Price Bidding (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE