米ゴールドマン・サックス・グループの慈善活動の責任者を務めるディナ・パウエル氏がトランプ次期政権入りする。事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。

  2010年からゴールドマンのパートナーを務めるパウエル氏は、大統領顧問として政権に参加する。関係者1人が協議の非公開を理由に匿名で明らかにした。パウエル氏は次期大統領の娘イバンカ・トランプ氏と緊密に協力してきたが、イバンカ氏はホワイトハウスでは正式な役割を持たない見込み。

  パウエル氏は07年にゴールドマンに入社する前、ブッシュ政権で大統領補佐官(人事担当)や国務次官補(教育・文化担当)を務めた。16年の大統領選で共和党候補指名を目指していたジェブ・ブッシュ氏に献金している。

  パウエル氏にメッセージしたが返答はない。ゴールドマン広報担当のジェイク・ジーベルト氏はコメントを控えている。パウエル氏の次期政権入りについては11日にポリティコが先に報じていた。

原題:Goldman Sachs’s Dina Powell Said to Join Trump Administration(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE