11日の新興市場では通貨が下落。トルコ・リラが5営業日で2008年の金融危機以来最大の下げとなった。株価は商品相場と共に上昇した。

  トルコ・リラは世界の主要通貨の中で最低のパフォーマンスとなった。トルコ中銀は10日、市中銀行に保有を義務付ける外貨準備の水準を引き下げたが、投資家は同国通貨下落に歯止めをかけるのは利上げに他ならないと指摘する。MSCI新興市場指数は2カ月ぶり高水準に上昇。市場関係者らはこの日行われたトランプ次期米大統領の記者会見にも注目し、金融市場には一時的なボラティリティが見られた。

通貨

  • MSCI新興市場通貨指数はニューヨーク時間午後4時(日本時間12日午前6時)現在、0.4%低下
  • トルコ・リラは最安値更新。2%下げ、1ドル=3.8646リラ
  • メキシコ・ペソは0.2%下げ、1ドル=21.8574ペソと最安値更新。トランプ氏の記者会見中、相場が揺れた
  • ブラジル・レアルは0.1%安。引け後、同国中銀は政策金利を0.75ポイント引き下げ13%にすると発表した。政策当局者は停滞する経済の活性化を目指し、予想を上回る大幅利下げに踏み切った

株式

  • MSCI新興市場指数は0.1%高と2営業日続伸
  • 韓国総合株価指数は1.5%高
  • ブラジルのボベスパ指数は0.5%高。鉄鉱石生産のヴァーレとブラジル石油公社(ペトロブラス)がけん引
  • アルゼンチンのメルバル指数は反落。前日まで10営業日続伸していた

関連ニュース

  • 備考:トルコ・リラはなぜ苦境に、2017年最低のパフォーマンス-チャート
  • 備考:中国の脅威、むしろ小さい-スタンダードチャータードの為替相場予想
  • 備考:ブラジル中銀:予想上回る大幅利下げ-政策金利0.75ポイント下げ
  • 備考:ブラジルの利下げは「極めてハト派的」シグナル-ブラウン・ブラザーズ・ハリマン
  • 備考:ブラジル政策金利は1桁台に低下する余地-サンタンデール・ブラジルCEO

アナリスト分析

  • トルコ:「2ポイントの利上げでは恐らく不十分だろう。為替と金利市場は既にそれ以上を織り込みつつあるからだ」と元為替トレーダーのマーク・カドモア氏
  • メキシコ:トランプ氏の記者会見では、メキシコに対するスタンスに軟化は見られず、このことは引き続き同国通貨に対する圧力となるだろうと、ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの新興市場通貨戦略責任者ウィン・シン氏
  • ブラジル:ブラジルみずほのチーフストラテジスト、ルシアノ・ロスターニョ氏は、ブラジル中銀は「インフレと為替動向の見通し好転と経済活動の鈍化を踏まえて予想を上回る利下げを行ったことを極めて明確に示した」と語った

原題:Emerging-Market Currencies Fall; Lira in Worst Rout Since 2008(抜粋)


最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE