11日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。10年債入札が昨年6月以来の高い需要を集めたことから米国債が上昇し、ドルは下げた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは円に対して前日比0.3%下落して1ドル=115円41銭。ユーロに対しては0.3%安の1ユーロ=1.0582ドル。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下した。

  この日の動きは共和党がホワイトハウスを制して以降のトレンドの反転を浮き彫りにした。選挙後は財政出動や景気回復への期待が強まり、12月に国債利回りは2014年以来の高水準を付け、ドルも同月に14年ぶり高水準となっていた。

  トランプ氏の大統領就任まで約1週間となる中、同氏の勝利以降で最も人気のあったドル高や米利回り上昇といった取引の持続性が問い直されている。大統領選挙後で初めてとなった11日の記者会見で、同氏が景気刺激策の詳細をほとんど示さなかったため、投資家の間で失望が広がった。

  TDセキュリティーズUSAのグローバル金利戦略責任者、プリヤ・ミスラ氏(ニューヨーク在勤)は「選挙以降、織り込まれていた税制改革など成長促進策の具体的な詳細が求められていた。トランプ氏への期待を背景にした大規模なトレードは小休止となり、実証を待つ段階にある」と述べた。

  ドルは対円で115円をやや下回る水準で長らく控えていた損失覚悟の売りを巻き込むと、12月9日以来の安値となる114円25銭に下げた。

  CIBCワールド・マーケッツの外為・マクロ担当シニアストラテジスト、バイパン・ライ氏(トロント在勤)は「市場は景気刺激策の詳細という望んでいたものを手に入れなかった。トランプ氏勝利後のトレードは解消されつつある」と語った。 

原題:Trump Trades Unwind in Bonds, FX on Blowout Treasuries Auction(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE